ITコラム
第5回 ITリテラシーの向上・・・皆さんの理解と協力が必要なんです!

第5回ITリテラシーの向上・・・
皆さんの理解と協力が必要なんです!

お問い合わせのナンバーワンは・・・

弊社アビリティでは、社内IT運用管理のアウトソースサービスを提供しています。
今まで社内で専任または兼任の担当者を設けていた企業様から相談いただいています。
アウトソースを検討されるきっかけについて質問してみると、一番多い理由は"現在の担当者様が退職されること"です。

システム室のような部署があれば相談いただくケースは少ないのですが、社内IT運用管理を専任で一人の方が担っていたり、兼任または場の流れで対応されていたことから退職につながってしまったケースが多いんです。

担当者は担当者、使う人は皆さん、だから全員の理解が必要なんです

なんとなくの流れでサポートしていたけど、なかなか直らない症状について事情を説明しても「だってプロじゃないんでしょう?」といわれてしまったと、お客様から伺ったことがあります。その方は、毎日ほかの皆さんと主業務をこなした後、残業してパソコン関連のサポート対応をされていたそうです。(しかも社内的に担当者でないのでサービスに近い)

弊社が業務として請け負えるほど手間や知識、準備などもふくめ社内IT運用管理はボリュームがあります。分担して協力できる物事もありますが、皆さんの理解によって担当者のストレスが緩和されることも十分にあります。

ITは難しそうに思えて以外に何とかなることも多い!
◆弊社でお手伝いできます!社内IT運用管理のアウトソースサービス:ITトータルケアサービス
アビリティでは、社内IT運用管理のアウトソースサービスを展開しています。
「自社では対応しきれない」「本業に注力したい」「残念ながら担当者が退職することになった」などお困りごとがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。